HomeVision ScienceNatural Science展示会情報会社概要お問い合せLink
ColorCAL(色彩輝度計)最大200cd/CIE測定 <販売終了しました>
Calibration Sensor
Cambridge Research Systems 社
ColorCALはKonicaMINOLTA社によってCambridge Research Systems(CRS)社仕様に作られた高性能な比色計です。
USBが使用できる通常のPCで、またCRSが提供する”vsgDesktop display calibration software”を搭載していれば、簡単にご利用になれます。

ColorCALの性能は色彩を測定できることとやや割高なことを除けばCRS社提供の輝度計OptiCALにとても似ています。またお使いになる方が期待される高い安定性を持っております。

ColorCALの仕様
<Luminance Range>
・ 0.2 - 200 cd.m-2
・その他の輝度範囲はNDフィルタを使うことで減少します。

<Repeatability>

Y ・±1 %(1 cd.m-2 < Y < 200 cd.m-2)
・±3 % (0.2 cd.m-2 < Y < 1.0 cd.m-2)
x,y ・±0.002 (1 cd.m-2 < Y < 200 cd.m-2)
・±0.005 (0.2 cd.m-2 < Y < 1.0 cd.m-2)

<Accuracy>

Measured with D65, 40 cd.m-2
Y ・±3 %
・±0.004
x,y ・±0.004
・D65 and other luminance
Y ・±5 % (0.2 cd.m-2 < Y < 1.0 cd.m-2)
x,y ・±0.006 (1 cd.m-2 < Y < 200 cd.m-2)
・±0.014 (0.2 cd.m-2 < Y < 1.0 cd.m-2)

<Sampling Time>

・monitor refresh rateによる自動設定 (20 cd.m-2 < Y < 80 cd.m-2)

<物理構成l>
・重量: 180g
・ケーブル長:1.5m (type A plug)
・integral black ゴム吸盤で画面へ吸着します。

<インターフェース>

・使用条件は下記の通りです。
Windows 98 SE, Windows Me, Windows 2000, Windows XP のOS USB(1.5Mbps)のあるPC
vsgDesktop display calibration software あるいはLightScan のソフトウェア

OptiCAL



OptiCAL(輝度計)最大2400cd
Calibration Sensor
Cambridge Research Systems 社
 
OptiCAL(オプティカル)ガンマ補正システムはCRTディスプレイの測光のために特別に設計されたシステムで、VSGディスプレイ校正ソフトウェアと連携して働きます。このシステムは自動的に
・各蛍光体の必要な測光情報を全て測定する

・伝達関数の計算

・RGB別のガンマ補正ルックアップテーブルの作成

ガンマ補正ルックアップテーブルは、ディスプレイのためのビデオ信号タイミング設定と同時にVSGに読み込まれます。 全ての校正が簡単に行えます。 伝達関数は時間とともに変化しうるため、校正ソフトウェアには照合オプションがあり、現在の校正データが適正であるか素早くチェックできます。



OptiCALの仕様

<物理構成>
・黒色の酸化処理アルミニウム筐体、約120mm x 60 mm x 30 mm
・遮光性ゴム吸引キャップによる管面への吸着

<受光部>
・受光部は44mmシリコンセンサ、CIE 標準視感度曲線の±2%の誤差
・全測光範囲は800cd/m2 で0.1cd/m2の分解能
・トレーサブル利用可能な輝度、スペクトル校正

<インターフェース>
・RS-232Cによる通信と電源供給
・VSGディスプレイ校正ソフトウェアによる制御



www.namoto.com
Copyright (C) 2014 Namoto Trading Corporation. All Rights Reserved.

弊社 ナモト貿易ホームページ の掲載記事・写真・図表など許可なく利用すること(複製、無断転載)を禁止します。