HomeVision ScienceNatural Science展示会情報会社概要お問い合せLink
Vision Science
眼球運動 視力測定
立体視 3D
放送画像解析
脳機能 視覚ソフト
MRI 対応製品


ViSaGe・VSG2/5
Visual Stimulus Generator
Cambridge Research Systems 社
≪ViSaGe・VSG 補足≫ プログラムメモ
VSGまたViSaGeで刺激プログラムを作成されている方に完全な内容説明ではありませんが、刺激作成のご参考になればと思います。
vsgDrawMoveRect
配列 (Page種類, 利用したいPage番号, _
利用する部分のX座標,Y座標,幅,高さ,_
移動する場所のX座標,Y座標,幅,高さ)
あらかじめ描画している他のpageの刺激を移動します。
たとえばVideoPage1で描画した図の一部をVideoPage2に利用するなどです。
また設定によっては移動してきた部分を提示する際、拡大することも可能です。

作成例:
刺激提示後に画像を取得します。
VsgSetDrawPage(vsgVIDEOPAGE,1,0)
VsgDrawImage(vsgBMPPICTURE+vsgPALETTELOAD,0,0,”Sample1.bmp”)
次にVideoPage2に別の画像ファイルを描画し、上記のFunctionを利用。
VsgSetDrawPage(vsgVIDEOPAGE,2,0)
VsgDrawImage(vsgBMPPICTURE+vsgPALETTELOAD,0,0,”Sample2.bmp”)
VsgDrawMoveRect(vsgVIDEOPAGE,1,0,0,200,200,0,0,200,200)

vsgSetDisplayPage(2)

刺激例:


画像処理ソフトでコントラストの違う画像ファイルを作成し利用。
ハイライトのような効果を与えました。



四角形の刺激の上に別ページで描画した円形を移しました。

vsgImageExport
配列 (画像ファイルの種類, 取得したい部分のX座標,Y座標,幅,高さ)

注意:(使用できる画像ファイルのFormatはBMPとPCXです。8bit)
VSGで描画した刺激を画像ファイルとして保存できます。
作成した刺激を紹介する際に利用できると思います。

(ただしOverlayなど特殊な刺激に対しては意図とした画像が得られない場合もあります。)

作成例:
コントラストの違う画像を画面上に移し提示する。(ViSaGe利用)
いまVideoPage1にbmpファイルで一枚の画像を描画します。
vsgSetDisplayPage(1)
vsgImageExport(vsgBMPPICTURE,0,0,500,200,”Sample.bmp”)

刺激例:
vsgDrawPolygon
配列 (n角形,座標配列,傾き,中心点のX座標,Y座標)

注意:(座標配列は Bufferのように指定し配列の最初を記述。)
多角形の刺激を作成する際に利用します。

設定では、はじめに何角形を作成するか決定し、
座標配列で Buff(0)は1点目のX座標、Buff(1)は1点目のY座標
Buff(2)は2点目のX座標、Buff(3)は2点目のY座標というように決めます。
次に傾きの角度を指定。さらに中心の座標を決定します。

作成例:
三角形を作成します。
Buff(0)=-200
Buff(1)=0
Buff(2)=200
Buff(3)=100
Buff(4)=200
Buff(5)=-100
vsgDrawPolygon(3,Buff(0),90,0,0)

vsgSetDisplayPage(1)

刺激例:
日本語TEXTの提示
Arial Unicode MS
OS等の環境によっては、ここで紹介する内容を実施しなくとも、Fontの指定をたとえば”MS 明朝”と入れるだけで表示されることもあります。
ここでは、通常の指定では日本語を再現できない環境のUSER様にご紹介します。

VSGで日本語TEXTを提示する際、利用するPCにFONTの追加が必要です。
FONTダウンロード(15Mb)

上記でDownLoadしましたらOSのコントロールパネルなどから
Fontの追加を行える画面に進み、DownLoadしたFontを追加してください。 その後、プログラムで”Arial Unicode MS”と指定してください。
Font指定の際、半角や全角など正しく入力する必要があるので確認してください。

作成例:
“あいうえお” を表示するプログラム例
vsgSetTrueTypeFont(“Arial Unicode MS”)
vsgSetStringMode(0,200,vsgALIGNCENTRETEXT, vsgALIGNCENTRETEXT,0,vsgFONTNORMAL)

vsgSetPen1(1)
vsgSetPen2(0)
vsgDrawString(0,0,”あいうえお”)

vsgSetDisplayPage(1)

刺激例:
ナモト貿易(株)
計測機器事業部
千葉県市川市南大野
1-44-1 2階
TEL 047-338-3224
FAX 047-338-3236

www.namoto.com
Copyright (C) 2012 Namoto Trading Corporation. All Rights Reserved.

弊社 ナモト貿易ホームページ の掲載記事・写真・図表など許可なく利用すること(複製、無断転載)を禁止します。